猫のカンちゃん

母猫が今日、天寿をまっとうしました。

親子で捨てられていた猫たちを飼い始めて10年以上が経ちました。
母猫は、そのことに恩を感じていたのか、
2匹の子猫にトイレの躾などをきちんと行い、
一度もお漏らしをした事がありませんでした。

特に私になついてくれて、毎日といっていいほど
寝ころんだ私のお腹の上に乗ってきては眠っていました。
深夜家に帰っても、必ず「おかえり」と迎えてくれ、
どこか通じ合えているような、そんな子でした。

病気ではないので、痛いとか、苦しんでいるとかは感じなかったのですが
食欲の低下で随分と痩せてしまい、抱き上げても、ふわりと軽く。。。
それを周りの方々に相談したところ、
良い食事を教えて下さったり、お知恵を貸していただいたり
優しい言葉をかけて下さったり…感謝しています。

本人はそれで良かったのかどうかはわかりませんが
私自身は「ああしておけば良かった」という後悔はありません。

一昨日の夜は、ずっと私のそばに居てくれました。
かなり具合が悪いと母から報告を受けていましたが、
帰った途端、起き上がってくれました。

昨日は母のお布団で一緒に寝ていたようで
朝方気がついた時には息をしていなかったようです。
どうか、苦しみませんように。とそればかり祈っていたので、
スヤスヤと眠っているような、今すぐ起きてきそうな様子に、少し安心しました。。。

母親がいなくなった事に子供達は気づいているようでやたらと甘えてきます。

私も今、彼女が隣にいない寂しさを感じています。

ほんと、いい子だったんで・・・。ね。
これからは残された子供たちに、母親の分もたっぷり愛情を注いで
健康で長生きしてもらいたいなと思っています。

カンちゃん、ありがとね。
[PR]
by Hpoon | 2010-09-27 00:06
<< 今日は2月22日! 猫の日です♪ さよなら相棒! >>