さて、近況 その①

もう8月ですね。
京都はやっぱり暑いですが、
いつもに比べて、今年は朝・晩が過ごしやすいです。

なんやかんやと飲んだくれながら月日は経ちましたね…。
色々ありましたんで(ってそんなにない感じ??ですが)近況報告。

愛猫クラン(くーちゃん)は、無事に手術を乗り越えました。
何度も可哀想なので、去勢と目の手術を同時にしました。

朝に預けて、夕方には戻ってきましたが
(どこぞのクリーニング屋さんみたいですが、先生には感謝です)
目が何とも痛々しく。。。
初日はかなりションボリしてましたが、徐々に回復。
エリザベスカラーのせい? なぜか不思議なスタイルでおトイレをしていました。
c0171737_1865044.jpg


これは術後数日。
c0171737_1851798.jpg
腫れもひいて、目がパッチリさんです。
片目は萎縮してダメかも…と思っていましたが、大丈夫だったようです。


現在は、暑さでダラダラ…しかし食欲旺盛、元気モリモリです
c0171737_1874147.jpg


我が家に来てからは毎食後、目薬をさしていましたが、今は目ヤニも出ないし、
目薬も卒業です。

しかし…小さな頃から親や兄弟と離され、ペットショップ育ちのくーちゃんは
今でも噛み癖が治りません。
本人は遊んでいるつもりなんでしょうけど、生傷が絶えません。。。

そこが治ってくれると、満点でいい子なんですけどねー。

今はいたずら盛り。毎日大暴れをしていますが、それを見てる私も幸せです。
c0171737_1881953.jpg
写真、ボケボケですね。 なかなかじっとしてくれないんですよー。
[PR]
# by Hpoon | 2011-08-04 18:16

やっと出た〜!!

ここ最近、クランのことばっかりですが。。。

先々週、クランに出会うまでは、結構飲みに行く回数も多く、
お一人様のバーもすっかり慣れ、二日酔いでオエーとなりながら
出勤することもありました。

しかし、クランがうちに来てからは、一変しました(少し大げさ)
と言いますか、家族全員がクランに関わると
先住猫さん達も気分が良くないので、
できるだけ、皆に頼らずに行こうと。。。

早寝、早起きの毎日です。いつまで続けられるかしら。。。

昨夜、オシッコを無理くりに管で抜いてもらい、辛い思いをしたので、
今日はちゃんとオシッコしてね!(ウンチも)と話しかけながら出社しました。

夕方になっても母からの「ミッションコンプリート」メールは来ず。。。
今日は定時で帰りました。
おトイレはきれいなまま。。。私の心配をよそに、本人は元気すぎるご様子。
しかし不安なので、昨日お世話になった動物病院へ。。。

今日もそこそこ膀胱は張っているらしく…
先生にお腹を刺激されるも、出ず。
何度も人工的に出すのは良くないから、今日は様子を見ましょう。 
これだけ元気だから、大丈夫でしょう!と言われ、帰宅。

帰宅後、ご飯をモリモリ食べた後、おトイレの砂の量を少し増やして部屋に放置。
しばらく経って部屋を覗いてみると、モワ〜ホカホカ〜。。。
待ちに待っていたモノとご対面。
オシッコもウンチもちゃんとしてくれていました。
とりあえずは一安心。かしこかったね〜とヨシヨシしておきました。

お騒がせをいたしました。。。 明日からはきちんとしてくれるかしら。
心配事が一つずつ消えると嬉しいです。  頑張れ、クラン。
[PR]
# by Hpoon | 2011-03-01 00:46

その名は…クラン

c0171737_22452739.jpg

昨日から、新しい家族が増えました。
名前はclin d'oeil クランドゥイールです。 略してクラン。
仏語でウインクという意味です。
彼のチャームポイントです!

ペットショップに行ったその足で
お仕事の先輩に紹介いただいた動物病院へ。
健康状態と、目の具合、あとは先住の猫さん達がいるので
ノミの駆除の為です。

獣医さんは耳を見るなり「アチャー」というご様子。
ミミダニが居た模様。。。
電子顕微鏡で、ミミダニファミリーを見せていただきました。

耳の洗浄をしてもらい、目の相談。
現在は左目は、たまーに開く感じです。
逆まつげではなく、内反(ないはん)という症状らしいです。
まぶたが目に向かって巻き込んでいるようで。。。
とりあえずは、周りの毛を抜いていただきました。
手術をすれば、開くようになるとの事でした。

残念ながらウンコちゃんがなかったので
寄生虫などの検査はできず…。

病院を後にし、ホームセンターと100均へ。
フードやグッズなどの買い出しと
あとは、新入りのクランがしばらく過ごすケージの材料。
ケージって、結構良いお値段で…。。。
周りの方々から、100均の材料でできると教えていただきました。
材料を買い込み、帰宅。
家族との対面を終え、部屋でコツコツ作業。。。
その日のうちに、ケージはできあがりました。
本人も自分の居場所として認識してくれたようで、
夜もおとなしく寝てくれました。

そして、今日。。。
そういえば、ご飯も食べるし水も飲むのに、
オシッコとウンコちゃんを見たことがない。

猫歴の長い友人に聞くと、いろんな回答が。。。
環境が変わったからだろう。と。
しかし、あまり放っておくと、腎臓の病気にかかったりという
例もあるようなので、自宅近くで診療している病院を探し、行きました。

お腹を触った先生は、膀胱がパンパンだから
すぐにでもすると思う。。。けど、このまましなかったら大変。。。
こんな小さいのに可哀想だけど、尿道に管を通してオシッコを出しましょう。
という事に。

昨日から、耳は洗浄されわ、管は入れられるわで
大変なクラン君でした。
しかし、大量のオシッコが吸引されました。
尿検査の結果は特に異常なし。管もすんなり入るので、
精神的なものでしょうという事でした。

あと……(お食事中の方、すみません)
今日、オシッコが出ないクランのお腹などを見ていたとき
お尻の穴から白い物が……ヒエエエ〜虫!
クランの寝ていたマットに米粒大の白いものがあったので
勇気を出して採取。
ネットで調べると、瓜実条虫。。。
病院でお薬を処方していただきました。

帰宅して、母と四苦八苦しながら(一番大変なのはクランだけど)
駆虫薬を飲ませました。

色々とありますが、最初はこんなもんでしょう!と思いつつも、
ミミダニ、ノミ、寄生虫。。。 フルコース。。。
ちっちゃい身体なのに、よくがんばりました。

明日からは抗生物質(尿道から管を通した為、膀胱炎になる恐れがあるらしいです)と、
目薬を頑張って続けていきましょう。。。
c0171737_2246257.jpg

今は疲れて、ケージでスヤスヤさんです。

あとは先住さん達と仲良く過ごせる日が来てほしいですね。

そして、いつも色々とお知恵を貸して下さったり、
クランの為に頼りない私に付き合って下さる
T女史、モツコさん、うどんさんに感謝です。
[PR]
# by Hpoon | 2011-02-27 23:07

今日は2月22日! 猫の日です♪

2011年に入ってはじめてのブログです。
毎度毎度おサボり癖がついてしまい…相変わらずのダメっぷりでございます。

直前の記事はカンちゃんが亡くなった時ですね。。。
今でもよく彼女のことを思い出します。
残った2人の子供たちに、「アンタ達のお母ちゃんは偉かったのよ」って
よく話かけています。
今はお空からみんなを見守ってくれている事でしょう。

さてさて、我が家に新しい仲間がやって来ます。

つい先日、2月20日の日曜日のことでした。
この日はお仕事の先輩&友人と一緒に
梅酒の試飲会→ごはんを食べる約束をしていました。

梅酒の試飲会が16時頃に終わり、
夜ごはんまでの空き時間、町をブラブラしていました。
途中、全員が動物好きという事もあって、あるペットショップに入りました。

そのペットショップは大規模で、ショーケース(という表現は微妙ですね)が
何段もあります。
その最上段にデカデカと「アメリカンショートヘア0円」と書かれた札があり、
気になって覗いていたところ、店員さんが声をかけて来られました。
「片目が逆さまつげの子なんです。一度、抱っこしますか?」と言われ
最上段から降ろしてもらい、抱っこすると、スリスリと甘えてくるではないですか。
顔や体を触っていると、ノドを鳴らしてご機嫌が良い様子。。。
片目は見えていないようですが、毛艶も良く、健康そうでした。
この子は将来どうなるのか…と思うと、連れて帰りたい気持ちでいっぱいでした。

しかし、我が家にはすでに猫さん兄妹がいるし。。。
飼いたいけど、無理かな…と思いつつ……店を後にしました。

帰宅後、母に「こんな子がいてん」と話したところ、
「うちで飼ってもいいのでは?」とのこと。
こうなったら居てもたってもいられません。
色々考えすぎて寝付けなかったのですが、ちゃあんと夢に登場してきはりました。

そして翌日、出社した途端に昨日一緒だった先輩に話をしたところ、
先輩も大賛成。
逆さまつげはどうしたらいいか、かかりつけの動物病院に問い合わせを
してくださいました。
友人にも「ショップで色々確認したいからついてきて」とお願いすると
快諾してくれ、バイクで駆けつけてくれました。
多分、みんな同じ気持ちだったんだと思います。。。

ペットショップでふただび、抱っこをさせてもらい、色々とお話しを聞きました。
目以外は健康そうだし、「うちに来る?」と聞いてみたところ、
嫌ではなさそうだったので、我が家に来てもらおうと決意。

ワクチン代と※マイクロチップ代を支払って契約書にサインをしました。
我が家ではまだ受け入れ準備ができていないので、
26日の土曜日までショップで預かってもらう事にしました。

2010年10月7日 兵庫県生まれの男の子です。
体はほっそりしていますが、好奇心旺盛なお年頃で元気いっぱい。
子猫らしく甘噛みもしてきます。
今は土曜日が待ち遠しくて仕方ありません。
c0171737_19432624.jpg
なかなかの男前ちゃんでしょ?

片方の目は逆さまつげの影響で涙が出ています。
きっと痛いんでしょうね。。。
病院ではレーザーで焼くという処置法があるらしいです。

まだ名前も決めていませんし……どうしましょ。
治療経過などは、またお知らせしますね。
あとは、先住の猫さん達が仲間に入れてくれるのか…
(昨夜、こんな子が来ますので、仲良くしてやってくださいと
 お願いをしておいたから、大丈夫だと思います!)

全然日々の飲んだくれの記事じゃないやないか〜いと
突っ込まれそうですが……

それはまた次回。

※マイクロチップは、直径約2mm×長さ約13mm。
ガラス製・円筒形の電子標識器具。
それぞれのチップには、国コード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた、世界でただ1つの個体識別番号(ID番号)が記録されています。
ID番号は、リーダーを使って、簡単に、確実に読み取ることができます。
●迷子になって発見された動物の身元がすぐに確認でき、不幸な処分を未然に防ぐことが可能
●災害・盗難など、いざという時の確実な身元証明ができる。
●捨て犬・捨て猫を防ぎ、人と動物のより良い社会関係の形成に貢献する。
[PR]
# by Hpoon | 2011-02-22 19:55

猫のカンちゃん

母猫が今日、天寿をまっとうしました。

親子で捨てられていた猫たちを飼い始めて10年以上が経ちました。
母猫は、そのことに恩を感じていたのか、
2匹の子猫にトイレの躾などをきちんと行い、
一度もお漏らしをした事がありませんでした。

特に私になついてくれて、毎日といっていいほど
寝ころんだ私のお腹の上に乗ってきては眠っていました。
深夜家に帰っても、必ず「おかえり」と迎えてくれ、
どこか通じ合えているような、そんな子でした。

病気ではないので、痛いとか、苦しんでいるとかは感じなかったのですが
食欲の低下で随分と痩せてしまい、抱き上げても、ふわりと軽く。。。
それを周りの方々に相談したところ、
良い食事を教えて下さったり、お知恵を貸していただいたり
優しい言葉をかけて下さったり…感謝しています。

本人はそれで良かったのかどうかはわかりませんが
私自身は「ああしておけば良かった」という後悔はありません。

一昨日の夜は、ずっと私のそばに居てくれました。
かなり具合が悪いと母から報告を受けていましたが、
帰った途端、起き上がってくれました。

昨日は母のお布団で一緒に寝ていたようで
朝方気がついた時には息をしていなかったようです。
どうか、苦しみませんように。とそればかり祈っていたので、
スヤスヤと眠っているような、今すぐ起きてきそうな様子に、少し安心しました。。。

母親がいなくなった事に子供達は気づいているようでやたらと甘えてきます。

私も今、彼女が隣にいない寂しさを感じています。

ほんと、いい子だったんで・・・。ね。
これからは残された子供たちに、母親の分もたっぷり愛情を注いで
健康で長生きしてもらいたいなと思っています。

カンちゃん、ありがとね。
[PR]
# by Hpoon | 2010-09-27 00:06